注意散漫???

得意なことを伸ばせば

平均以上を・・・

今日何した?

私もすぐに聞いてしまいます。他の園長先生との話の中で、この言葉は必要ないと聞きました。子ども達は楽しかったこと、話したいことは自分から言ってくるそうです。もし、聞きたくても「お母さん、今日玄関のお掃除したんだよ」「お仕事でこんなことがあった」等、話をすると、「へぇ~そうなんだ。私はねぇ~」と子どもも自然と話しかけてくるようになるそうです。それを待つことが大事だとおっしゃっていました。聞いたら答えてくれる子よりも、自分からどんどん話をする子に育ってほしいですよね!?しかし、なかなか幼稚園での出来事を話してくれない子もいます。そこは担任の先生に聞いてください。「こんなことがあったのだね。魔法のメガネで見ていたよ」と一部だけ話すと思い出したように話し始めるかもしれません。時々魔法のメガネの情報も話に入れながら・・・。また、自分から話すことに自分に分が悪いことはありません。これは当たり前です。心により添ってあげる聞き方をや、子どもが話し始めるような相づち(YESかNOで答えられる質問をやめる)をしてあげると事実だけでなく、心の奥の方の声が聴けるかもしれません。今日何したのかとっても知りたいですが、私も封印して聞き方を工夫します!